借入れ利息のアドオン方式と実質年率方式

借入れ利息のアドオン方式と実質年率方式

アドオン方式は、よくある実質年率方式とは異なる計算方法を

用いる利息の計算方法です。

表示上の金利の数字が低いことや、利息が算出しやすいことから

普及したものがアドオン方式で、

アメリカから日本に入ってきました。

現在アドオン方式を目にする機会が少ないのは、

消費者金融の利率表示は実質年率によって行うよう義務化されているためです。

アドオン方式の計算では、最初に借入金額に対する

利息額と返済金額を計算してしまいます。

例えば、100万円をアドオン率20%で融資を受けた際、

100万円の20%である20万円が利息となります。

そして、返済総額120万円を一年間で何回に分けて

返済するかという回数で割って、分割時の返済額を出します。

アドオン方式の特徴としては、利息や返済回数の計算がとても明瞭な点です。

実質年率20%の場合、同一条件で返済した場合の最終的な返済額は111万円です。

このように、同じ20%表示でも

実質年率方式とアドオン方式では全く違う利息になります。

これは、返済が進みその借入金の減少に合わせて利息も減らすのか

元の借入金のまま計算するかという差です。

注意しなければならない点として、

アドオン方式での利率の表示は実質年率での表示より

低く表示されるという点があります。

同じ利息額でもアドオン方式での利率表示は実質年率での表示と

かなり異なるので、注意が必要です。