日本のキャッシングは高いのか

外国の金利の差というものをあなたは考えた事がありますか?

日本国内では「29.2%」というのが最上限値になっています。

これはキャッシングに限った事ではありません。

金融全般にいえる金利設定です。

まあ、この金利で営業しているのはキャッシングくらいだと思いますが・・・

では外国の消費者金融の金利は、アメリカでは、州によって差があり、8%〜36%と幅があり、日本よりもかなり低い金利のところと日本以上の高い金利が設定されている州があるようです。

ちなみにフランスは10%〜18%、これは日本の利息制限法の金利と近い数字になっています。

イタリアでは16%〜38%、アメリカの高金利の州よりもさらに上をいっています。

アジア圏内の韓国や東南アジア諸国では上限金利自体が設定されていないようです。

ですから、自由に金利を設定できる仕組みだそうです。

比較してみると日本の金利は、低い部類みたいです。

しかし、実際に借り手側からみると、もっと低くしてもらいたいのが本音ではないでしょうか?

グレーゾーンの問題は、どうなったのでしょうか?


【PR】

即日 キャッシング 神
コラーゲンサプリメント情報館