自動審査のキャッシング

急な出費で困ったらキャッシングが大変便利です。

キャッシングは全国どこでも簡単に

お金を借りることができるため大変便利です。

でも、キャッシングってどうも不安ですよね。

いざキャッシングしようと店舗に出向いても

強面のお兄さんがでてきて、強制的にお金を押しつけられたり、

ひどい扱いをうけたり…。

そんな想像をしているひともいるかと思います。

でも、そんな心配は一切不要です。

キャッシングによっては全く誰とも会わずに

キャッシングすることができるところもあります。

それが自動審査を行っているキャッシング会社です。続きを読む

即日キャッシング

生活していく上でお金は欠かせないものです。

しかしながら、
お金は何の前触れもなく必要になる場合がありますので、

ある程度貯金をしておかないといけません。

とはいえども、お金が出ていく時期というものは重なるもので、

貯金がたくさんあったと思っても、減り始めると大変早いものです。

100万円くらい銀行口座にあっても、冠婚葬祭が続くと

みるみるうちに減っていきますし、同じ時期に購入した家電等は

壊れ始めると次々に買い換えなくてはならなくなります。

お金が無くても何とかなるならば問題ありませんが、

どうしても必要な場合もあるでしょう。

そんな時に便利なのがキャッシングです。続きを読む

借入れ利息のアドオン方式と実質年率方式

借入れ利息のアドオン方式と実質年率方式

アドオン方式は、よくある実質年率方式とは異なる計算方法を

用いる利息の計算方法です。

表示上の金利の数字が低いことや、利息が算出しやすいことから

普及したものがアドオン方式で、

アメリカから日本に入ってきました。

現在アドオン方式を目にする機会が少ないのは、

消費者金融の利率表示は実質年率によって行うよう義務化されているためです。

アドオン方式の計算では、最初に借入金額に対する

利息額と返済金額を計算してしまいます。

例えば、100万円をアドオン率20%で融資を受けた際、

100万円の20%である20万円が利息となります。

そして、返済総額120万円を一年間で何回に分けて

返済するかという回数で割って、分割時の返済額を出します。

アドオン方式の特徴としては、利息や返済回数の計算がとても明瞭な点です。

実質年率20%の場合、同一条件で返済した場合の最終的な返済額は111万円です。

このように、同じ20%表示でも

実質年率方式とアドオン方式では全く違う利息になります。

これは、返済が進みその借入金の減少に合わせて利息も減らすのか

元の借入金のまま計算するかという差です。

注意しなければならない点として、

アドオン方式での利率の表示は実質年率での表示より

低く表示されるという点があります。

同じ利息額でもアドオン方式での利率表示は実質年率での表示と

かなり異なるので、注意が必要です。

キャッシング時は実質年率の表示を確認


キャッシング時は実質年率の表示を確認しましょう。

実質年率で返済をする時は、

いつまでに何回で返済を済ませるかによって

最終的に返済する合計金額が変わります。

どのくらいの利息がつくものなのかは、

お金を借りる時に計算しておきます。

実質年率とは、借りたお金を1年後に返済する時に

つく利息が元金の何%に当たるかを表したものです。

この利子の中には元金に対する利息の他に、

融資実行までの手数料、印紙税、保証金等の全ての経費が含まれています。

つまり、手数料や印紙税など金融会社から請求される

全ての経費を加えた最終的な返済額が実質年率になるのです。

融資を受ける時、

実質年率に基づいた利息の他に手数料などの別用途とし

て請求がある会社は違法の可能性を考えなければなりません。

ヤミ金融などは、低い年利で安心させておいて

多額の手数料を取る手口を使っている場合もあります。

現在ではキャッシング時の利息は

実質年率で提示するよう法律で決められていますが、

悪質な会社に騙されないよう注意を怠らないように。

正確な金利の比較ができるのが実質年率方式であり、

返済方法や返済回数に差があっても問題ありません。

そのため、融資を受ける時は

表示が実質年率であることを確認しておきましょう。

この方式には欠点もあり、計算そのものが難しくなって

利息額のイメージがしにくくなることです。

電卓でもややこしく、コンピューターが必要となるほどです。

キャッシング返済の実質年率とは

1年後に借りたお金を一括で返す時につく利子を、

借り入れ金とのパーセンテージで表示したものが実質年率です。

金融会社から100万円を実質年率10%として借り入れた場合、

1年後に返済すべき利子は10万円です。

借りた金額200万円と利息20万円を返済しなければならないので、

この場合、最終的に返さなければならない金額は

220万円ということになります。

返済金額の計算は、日割りで行うことが一般的です。

利息の計算はその時に借りている元金に対して行うので、

元金を少しずつ返済する場合は利息も少しずつ減っていきます。

月一度のペースで1年で100万円を返しきる場合、

半年後には借りている元金は元の半分です。

利息も当然、半分になるわけです。

返済直後の利息より、返済が半分まで進んだ時の利息の方が

少なくなるのは、借り入れ元金の額がより少ないからてです。

1年かけて12回払いで100万円を借りたとします。

実質年率が20%だったなら、支払う利子は

少しずつ小さくなり返済総額は約111万円です。

同じ条件で、一度の返済回数を減らして

完済まで2年とすると返済総額は約122万円です。

実質年率計算は手計算でするにはややこしいので、

仕組みを軽く把握するに留めておきましょう。

実際の計算はインターネットの

シミュレーションソフトなどが便利です。

また、『借入金額×実質年率×日数÷365』が、

日割りの利息額を計算する式になります。

返済期日の度に実質年率に基づいて借入残高から

その時点での利息をつけるという計算方法が

キャッシングローンの考え方です。

キャッシングの新規客開拓

キャッシングの新規客開拓

キャッシング会社は初めてキャッシング

利用する客が好まれます。

少なくとも借入件数の少ない方が良しとされます。

自転車操業のような状態の所に貸していては

貸し倒れしてしまってその分損害が出てしまう可能性があります。

大手キャッシング会社ではやはり積極的に初めての人に

貸す戦略をとっています。

自転車操業では最初のところで借りてさらに二番目のところで

借りてきて最初の所に返す。

そして三番目のところで借りて二番目に返して

四番目で借りてといったことの繰り返しになります。

少なくとも初めの段階で貸していれば安全に

返済がされる可能性が高いでしょう。

しかも数値として初めての客はちゃんと返済する可能性が

高いという数値が出ているようです。

広告戦略などでも無意識に初めての客を集めるような

仕組みができあがっています。

「初めての…」「まず…」といった形で、

無意識の中に残るようなフレーズを用いられているのです。

一方で、大手より下の所では大規模なCMが打てないので

なかなか初めて借りるような客が集まりにくくなります。

そして、ある程度のリスクを覚悟して借入のある人にも

貸しているといった形でキャッシング会社の中でも

格差が生まれているようです。

キャッシング会社の女性客争奪戦

キャッシング会社にとって上客というと延滞しないで

利息を付けてしっかりと返済してくれる客でしょう。

そう考えると、男性より女性の方が現実的でお金に関しても

シビアなため、男性に比べるとじゃんじゃん借りて

返せなくなると言うことも少ないようで、

貸し倒れといったリスクが少ないようです。。

しかし女性からすると消費者金融は怖いイメージがあるためか

敬遠する方も多いようです。

しかし、女性の社会進出も進んで働く女性というのも

一般的になってきました。女性客を開拓するには

良い機会がすでにそろっているのです。

キャッシング会社はレディース専用キャッシングなどの

サービスを使い女性客の開拓に乗り出しました。

キャッシング会社によっては利息などの条件面ではなく

サービススタッフを全て女性にするといった形で安心感を

売りにし、CM戦略でも動物や女性タレントを起用することで

安心感や清潔感をだし新規顧客を開拓していっています。

キャッシング会社にとってはたくさん借りてたくさん

返してくれる客がベストな訳です。

今、女性客をどれだけ惹きつけられるかがキャッシング会社に

とっての生き残り戦略として重要視されているのです。

キャッシング、特定調停という救済手段

キャッシング、特定調停という救済手段

キャッシングが気軽にできるようになった一方で

金利の高さから返済が滞ってしまい自己破産を

余儀なくされてしまう人が多くなりました。

ですが、実はグレーゾーン金利で払った過剰な利息を

整理して返済額を小さくすることが可能なのです。

それを特定調停と言います。

キャッシングの金利が高ければ高いほど過剰に払った利息は

大きくなるのでその分の借金が減りその後の返済も楽になります。


特定調停は平成12年に施行された

「特定債務等の調整の促進のための特定調停に関する法律」で

裁判所の力を借りて、借金を少なくする方法です。

最大の特徴は弁護士さえ頼むことなく自分一人で債務整理が

可能だと言うことです。

利息制限法では15%から20%と金利の上限が

きめられているので、それを超えた金利は無効という

扱いになります。

法律上払う必要のない金利を払っていた訳ですから

その余計に払った分を残っている借金から引いて借金を

整理するのです。

もちろん場合によってはこれでほとんどの借金を

帳消しにすることもできるでしょう。

もちろんこれも信用情報として記録されるために

当分の間キャッシングが使えなくなるのは言うまでもありません。

参考URL


キャッシンググレーゾーン金利

キャッシンググレーゾーン金利

過去2〜3年、話題になったこのキャッシングのグレーゾーン。

いわゆる出資法という法律と利息制限法という二つの法律で

禁じている上限の金利が違っているのと利息制限法では

罰則が無いために起こった問題です。


10万円までの借入なら利息の上限は20%です。

100万までなら18%、そして100万以上では

15%と言う上限が利息制限法では設定されています。

しかし出資法では借入金額に関係なく29.2%という形で

定めてあるのです。

出資法をこえると違法金利となり、罰せられます。

しかし出資法に違反すれば罰則がありますが、

利息制限法には罰則が設定されていないのです。

このためほとんどのキャッシング会社は利息制限法の枠を

超えてグレーゾーンでの金利を設定しています。

近年ではこれが表立って批判の対象となったために

利息制限法に則った利息設定を売りにしたキャッシングも

出ているようですが。

根本的な解決まではまだ時間がかかるようです。

今、キャッシングの消費者金融業界と国との間で話し合いが

進み非常に厳しい条件がキャッシング会社に

突きつけられようとしています。

といっても以前からグレーゾーンで営業している企業で

これほど表舞台にたっている業界ですから

時間の問題だったのでしょう。

カードローンの知識

カードローンとは

そもそもどういう仕組みになっているのでしょうか。

簡単に云うとクレジットカード会社でのローンの申し込み時に、

カードの利用限度額というものを決めるのですが。

その利用限度額とは別に、

カードローン利用限度額を決めるのです。

会員ごとに、それぞれ個別の審査を行って、

利用限度額が決まります。

その利用限度額の範囲内であれば、自由にお金を借りることが

出来るシステムなのです。

会員ごとに決められる利用限度額は、基本的には50万円、

または年収の10%となっています。

その限度枠の範囲内ならば、何回でも、ATMなどで

いつでもカンタンにお金を借りることが出来るのです。

キャッシングもお金を借りることをいいますが、

個人向けの融資と考えた方が適切です。

その返済は、一括で支払わなければなりません。

金額については、キャッシングよりもカードローンの方が

多く借りることが出来ます。

もちろん返済しなければなりませんが、カードローンの場合は

リボルビング払いが出来ます。

これは分割して支払う方法です。

カードローンを扱う金融機関によって、種類が分類されます。

銀行系のカード、信販系のカード、消費者金融系カードが

ありますが、それらのカードローンにはそれぞれ特徴があります。

銀行系カードで借りる場合のメリットは、利息が低いので

無理なく返済することができることです。

しかし審査が非常に厳しく、借りるまでに時間が

かかってしまうのがデメリットです。

信販系のカードを使うときのメリットは、クレジット機能が

付帯していることです。

お金を借りること以外にも、カードを使ってショッピングが

出来るのです。

その際にローンも組んで返済することも出来るのです。

利息はやや高いですが、銀行系のカードと比べて審査が早いので、

申込みをしてからすぐに借りることが出来るのもポイントです。

審査がどこよりも早くてすぐに借りることが出来るので

非常に便利なのは消費者金融系のカードです。

ただし、デメリットもあり他のカード会社に比べて

借り入れ利率が非常に高く、返済額を他の銀行系や信販系のものを

利用したときと比べると、かなりの違いが出てきます。

カードローンを利用するときには、無理のない返済を

心がけるためにも、しっかりと情報収集してカード会社を

選びたいものですね。

カードを作る際には、メリット・デメリットを理解し

自分の返済スタイルに合ったものを選択することがポイントです。

しっかりと利点を理解した上で、どのカードローンにするか

決めましょう。

誰でも生活していれば、急にお金が必要になるときもあります。

毎月のお給料では足りない時もありますから。

カードキャッシング時の心構え

お金をキャッシングする時の心構えについてまとめてみました。

カードキャッシングで即日お金を借りることができるといっても、

それは自分のお金ではありません。

借りたお金は自分のお金では無いこと。

借りてきたキャッシング会社のお金だということを

忘れないことです。

返せる範囲でのみお金を借りることが大事です。

金額が大きくなると、自分のお金でもないにもかかわらず、

それが自分のお金と錯覚してしまいがちです。

その気分が癖になり、自分の口座からお金を引き出すような

感覚でカードで借り入れを行い、そしてカードキャッシング返済に

苦労することになるのです。

このような感覚になってしまうと、知らないうちに自分の稼ぐ

お金よりも、使っているお金の方が多くなっている状態に

なりがちです。

そうなると毎月の返済がが全く追いつかないということにもなる

恐れがあります。

このような怖い状況に陥らない為にも、お金を借り入れする際に

は、少しでも金利が低くて条件の良いクレジット会社を

選ぶようにしたいものです。

返済で困らないようにキャッシングをしている状態を

よく把握しておくことです。とくに現在の借入額、

月々のカードのキャッシング返済額、そして完済までの総額と

回数を確認します。

借り入れしていることを安易に考えないことが大切です。

いまカードキャッシングを利用していているにも関わらず、

このような状況を把握できていない人はすぐにでも

確認しましょう。

毎月の返済額が収入の20%を超えている人は要注意です。

借入している金額が、20%を超えているのであれば、

至急、カードキャッシング返済の具体的な対策を立てる

必要があります。

最近では各キャッシング会社のテレビCMにも出てきますが、

しっかりとした返済計画を立てたうえでキャッシングを利用して、

無理のない返済が出来るようにしておきましょう。

しっかりと返済を行っていれば信用がつくので、

利率の引き下げや限度額の増額などがあります。

カードキャッシング返済の方法

カードキャッシング返済の方法についてまとめてみました。

お金を借りたときに一番気になる利息ですが、

カードキャッシングの場合は、金利の表示は年利になっています

が、実際の計算は日割りで利息がつくようになっています。

実は借りた日その日に返済すれば金利はつきません。

日割りで利息を計算するので、借りたその日は日数に

含まれないのです。

利息の計算方法は

「利息 = 借り入れ金額 × 実質年率 ÷ 365(日)
× 利用日数」です。

また、カードキャッシングの返済方法はいろいろな方法があります。

カードキャッシングをした場合の返済方法はいくつかありますが、

返済方法の1つにリボルビング払いというものがあります。

この返済方法はリボ払いとも呼ばれています。

この方法は毎月定額をカードでキャッシング返済することで、

合計残高を減らしていく方式です。リボ払いと呼ばれる、

リボルビング返済方法は、毎月の返済する金額が一定なのが

特徴です。

返済金額が一定なので利用金額により借金返済回数が

決められます。

返済の方法は大きく分けて3種類ほどあります。

1つ目は、

支払額が毎月一定の定額方式、

2つ目は

指定した一定額に加えて利息を支払う定率方式、

3つ目は、

段階的に返済定額や定率を変更する残高スライド方式です。

このようにリボ払いによる返済方法は、返済金額の算出方法に

よって各種方法が異なります。

カードキャッシング会社で借入金の返済方法で多く採用されている

のは3つ目の「残高スライド方式」です。この返済方法は借り入れ

している残高によって、返済する金額が変化(スライド)するのが

特長です。

元金均等方式(がんきんきんとうほうしき) は、借り入れ元金を

返済回数で割った金額に対して、月々の利息を加えた額を

返済します。

この元金均等方式による返済方法は、借入金の利息は元金の

残高に対して発生するので、返済を続けていくにつれ毎月の

返済額が減っていくのが特徴です。

このほかにも、毎月の返済額を一定額に設定できるのが

特徴の元利均等方式(がんりきんとうほうしき)と呼ばれる

返済方法があります。

毎月の返済額を一定して、借り入れ元金部分と利息部分の割合が

変化する返済方式です。

元利均等方式の返済方法は、住宅ローンや事業資金など

高額のローン返済に用いられることが多い方式の一つです。

ローンの返済をスタートした当初は利息部分が多く、

ローン返済回数が進むにつれて、だんだんと元金の返済部分の

割合が大きくなっていくのが特徴の返済方法です。

キャッシングローンの基本03

キャッシングローンの基本03

キャッシングローンの基本について。

カードキャッシングとは、クレジットカードやローン専用カードを

使って受ける小口の融資です。

通常は、ATM(現金自動預払機)やCD(現金自動貸出機)を

利用してお金を借ります。

カードキャッシングによりお金を借りた時の返済方法は

いろいろあります。

銀行での自動引き落とし、コンビニエンスストアでの支払い、

ATM(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)など

方法があります。

カードキャッシングの返済方法には、いろいろとあるので

便利です。

カードキャッシングでお金を借りた場合、返済日の選択は

キャッシングの契約時に決まります。

カードキャッシングの返済方法は、基本的には月1回の

返済になっています。

具体的な返済回数や返済金額を指定する方法のほかにも、

幾つかある中から選択する方法があるカード会社もあります。

カードによるキャッシングでお金を借りた場合には、

その利息は1日単位でかかるのが通常です。

カードキャッシングは利息が1日単位なので返済が

一日遅れた場合、その日の分も利息が加算されてしまうので、

返済日には注意しましょう。

逆にいえば、借りた日に全額返済すれば利息は原則かかりません。

カードキャッシング融資の利息上限は、法律で29.2%までと

決められています。

融資会社によりその利息の幅がありますが、だいたい

年8%〜20%くらいになっています。

利息の比較も大切ですが、カードキャッシングを利用して

借り入れする時には、返済方法についてはっきりとした

計画を立てておきましょう。

無駄な出費を避けるためにも大切なポイントです。

自分自身が返済できる範囲内の金額を借りるようにしましょう。

そして利息の増え方などもしっかり把握しておく方が、

キャッシング利用後のスムーズな借入金の返済に繋がるのです。

キャッシングローンの基本02

キャッシングローンの基本02

キャッシングローンの基本について調べています。

まず、カードキャッシングとは、クレジットカードなどの

ローン専用のカードを使用して受け取る小口の融資のことです。

手続きは簡単にできて、通常はATM(現金自動預払機)や

CD(現金自動貸出機)を利用します。

カンタンな手続きのキャッシングローンは、急なお金が

必要な時などは便利です。

カードのキャッシング返済には、銀行の自動引き落としや

コンビニ払い、ATM(現金自動預払機)、

CD(現金自動貸出機)などの方法があります。

お金の返済日については、カードキャッシングでお金を

借りた場合は、キャッシングの契約時に決まります。

返済方法は、ほとんどの場合、月1回になっており、

他には回数や金額を指定する方法や幾つかある中から

選択する方法もあります。

カードのキャッシング返済において、利息は基本的に

1日単位でかかります。

一日遅れても、その日の分だけ利息が加算されてしまうのです。

このように利息は1日単位に計算されるので、借りた日に

全額返済した時には、利息は基本的にかからないのです。

カードでのキャッシングを利用した場合の利息の上限は、

29.2%までと法律で決められており、

だいたい年8%〜20%くらいになっています。

利息の比較も大切ですが、カードキャッシングを利用して

借り入れする時には、返済方法についてはっきりとした

計画を立てておきましょう。

無駄な出費を避けるためにも大切なポイントです。

返せる範囲のお金のみを借り、利息の増え方などは

しっかり把握しておくことがスムーズなカードの

キャッシング返済に繋がります。

キャッシングローンの基本01

キャッシングローンの基本についてまとめています。

クレジットカードなどのローン専用のカードを使用して

受け取る小口の融資のことを、カードキャッシングといいます。

キャッシングローンは、通常ATM(現金自動預払機)や

CD(現金自動貸出機)を利用して、融資の手続きができて、

お金を借りることが可能です。

カードによるキャッシングを利用した場合の返済方法には、

銀行の自動引き落としやコンビニでの支払い、

ATM(現金自動預払機)、CD(現金自動貸出機)などの

方法があります。

カードキャッシング返済の日、はキャッシングの契約時に

決定します。

返済方法は、ほとんどの場合、月1回になっており、

他には回数や金額を指定する方法や幾つかある中から

選択する方法もあります。

カードキャッシングを利用した場合の利息は、

通常の場合は1日単位でかかります。

ですから返済が一日遅れても、

その日の分だけでも利息が加算されてしまうので注意が必要です。

逆にいえば、借りた日に全額返済すれば利息は原則かかりません。

カードでのキャッシングを利用した場合の利息の上限は、

29.2%までと法律で決められており、

だいたい年8%〜20%くらいになっています。

キャッシング会社の借り入れ利息の比較も

無駄な出費を抑えるためにも大切ですが、

返済方法についてはっきりとした計画を立てておくことも

カードキャッシングを利用して借り入れする時には、

注意することが必要です。

自分自身が返済できる範囲内の金額を借りるようにしましょう。

そして利息の増え方などもしっかり把握しておく方が、

キャッシング利用後のスムーズな借入金の返済に繋がるのです。

キャッシングの審査を左右する最重要項目

キャッシングの審査を左右する最重要項目

キャッシングで最も重要視される審査項目が何でしょうか。

年収、勤務先、持ち家、そのほかいろいろなものがあります。

持ち家などは申し込んだときに記入するだけなので

調べるとなると時間かかかります。

年収を調べるとなると給与明細から割り出す意外にも

いろいろな方法調べられますので不可能ではないです。

しかしキャッシングの場合は

手間がかかりすぎるためか行いません。

では何を審査の上で重要かというと実はそれは保険証なのです。

保険証には主に4種類のものがあり、それによりランク分けが

されています。

では何でそんなことをしているのかと言うと、

そこで職業のランクが分かると言うことなのです。

たとえば公務員共済保険証なら一目で公務員だと分かります。

また組合健康保険証なら企業レベルも計れるでしょう。

そういった点を利用してキャッシング会社は融資の限度額などを

決定しているのです。

残念ながら国民健康保険証ではなんの効果もないですが

それ以外の健康保険証を持っているのなら申し込み時に

提示してみると審査の結果が変わってくる

可能性があるかも知れません。

キャッシングを一本化する

キャッシングを一本化する

いくつかの金融業者からキャッシングしている場合、

合計金額が分からなくなってしまっている場合が多いでしょう。

金利の低いところに申し込んで見ても断られることが

多いのではないかと思います。

そこでどうしたらいいのかと言うと、まずはたくさん借りている

キャッシングを一つずつで良いので減らしていきましょう。

キャッシングの審査の重要な点は合計の金額より

合計の件数だそうです。

まずは合計の借入件数を減らしていくことで

最終的にいくつかのキャッシング会社にまとめていきましょう。

件数が少ない方が金利の低いキャッシング会社でも

審査に通りやすくなります。

ある程度の件数にまとまった時点で

金利の低いキャッシングがあるのなら

そこに全てまとめるように申し込んでも良いし、

元々借り入れているところで利息の低いところがあるのなら

そのキャッシング会社と交渉してみても良いかもしれません。

一つ注意しておくべき事があるとするのなら

完済したあとのカードは持っておくべきではありません。

持ってると使ってしまい、結局何のために一本化したのかすら

分からなくなってしまうからです。

キャッシングで使われる信用情報機関

キャッシングで使われる信用情報機関

信用情報機関は三つあり、それぞれが

消費者金融(全国信用情報センター連合会)、

クレジット(CIC)、

銀行(全国銀行個人信用情報センター)

をそれぞれ専門に受け持っていたようで

たとえば銀行で借入を受けていても

クレジットの方には情報が行かない
(逆にクレジットの情報は銀行には行っていたようです)

といった形の抜け穴があったのですが今では

三つの信用機関それぞれをほぼ全て共通のデータベースを

持っていると思ってもかまわないと思います。

とくにキャッシングに対しては以前に比べると

厳しくなっているので多くの信用情報機関を使っていると

思って間違いないでしょう。

また、信用情報機関の情報は一般的には有料で

一回の照会につき500円ほどかかるようです。

キャッシングの申し込みごとにそれが行われていて

その負担が全てキャッシングの際の利息から

まかなわれているのは言うまでもないでしょう。

私たちが信用情報機関を利用することも可能なようです。

非常にデリケートな情報ですが探偵などが実は利用して

個人情報を照会しているといった形の事が実際に

探偵業をしていた人の書いた書籍などで

語られていることもあります。

興味のある方はそういった書籍も読んでみてはどうでしょうか。

キャッシングの審査とは何か

キャッシングの審査とは何か

キャッシングする際に避けては通れないのが「審査」です。

一体何を調べるのかというとちょっと

不透明なところがあるのではないでしょうか。

信用情報機関というものをご存じの方は少ないと思います。

信用情報というのは過去に金融機関を使った場合に

その履歴を収集し情報を金融機関に提供する役割を担っています。

扱われている内容は大きく三つあります。

1,個人を特定する目的の情報
つまり、氏名 生年月日 性別 電話番号 
そして勤務先 勤務先の電話番号などがこれに当たります。

2,契約に関わる情報
借入日 その金額、入金履歴、予定日 その残高、
完済日などです。ほかの金融機関から借入がある場合は
この履歴も審査の対象となります。

3,事故情報(ブラックということです)
返済期日から滞納している日数 金額 
そして解消されたかどうか、自己破産 債務整理などの
履歴がこれです。

こういった情報を元にキャッシングの可否が決められます。

実はこれにも落とし穴があるようで、実は結婚などで

名前が変わってしまうと情報が追いつかないで

ブラックなのに借入ができてしまう場合があるようです。

また悪質な裏金融のような業者が債務整理された人を

ねらって高利での融資話を持ちかける際にも

この情報が利用される場合があるようです。